ホルモンバランスの崩れのケアってどうすればいい?

ここでは、ホルモンバランスがニキビに与える影響についてお伝えしていきます。

 

一般的には“ホルモンバランスが崩れるとニキビが出来やすくなる”という事はよく言われる事です。

 

色々な美容系サイトを覗いてみると、そういう表現をしているサイトも多数見かけるのですが、以外とその詳細について書いてあるサイトは少ない、というより見たことがないので、ここでは肌のメカニズムに関してあまり詳しくない方でも分かるように丁寧に解説していこうと思います。

 

 

女性ホルモンのメカニズムってどうなっているの?

女性ホルモン

女性ホルモンのエストロゲンは、別名で美肌ホルモンと呼ばれるほど、美容の強い味方です。

 

皮脂の分泌を抑えるほか、肌の水分量を保持してくれる天然保湿因子、セラミドといった肌バリアを維持するための構造を強化してくれます。

 

ニキビが出来にくい健康的な肌をキープするための鍵は女性ホルモンにあると言えます。

 

女性ホルモンと呼ばれているものは実は、1種類ではありません。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の大きく2つに区分されており、それぞれ肌の中での役割が異なります。

 

エストロゲンは皮脂分泌を抑え、きめ細かい肌を保ちますが、プロゲステロンは逆で、皮脂分泌を促します。

 

一般に生理前になると肌が荒れやすくなるのは、このプロゲステロンの影響というのが一般の説とされてきましたが、実際は間違いで、このメカニズムがわかれば良いのですが今のところ不明です。

 

でも、一つ言えることは、女性ホルモンバランスが正しく保たれ、その上でエストロゲンの美肌作用を充分に享受できれば美肌を保つことが出来るという事ですね。

 

 

大人ニキビはどうして出来るの?

毛穴の詰まり

まずは大人ニキビが出来る原因について解説していきます。

 

ニキビというのは毛穴が角栓で詰まり、そこに皮脂が溜まることで生じます。

 

要するに、ニキビが出来る第一段階は、角栓によって毛穴が塞がれてしまうことなのです。

 

この原因は、男性ホルモンの働きによって角質細胞が硬化してしまい、角質層が柔軟性を失います。

 

角質の硬化をもう少し具体的に言うと、肌が乾燥するのを防いでくれる天然保湿因子、さらに外的刺激から守ってくれるセラミドといった細胞間脂質が失われることを指します

 

これが、まさに大人ニキビの根本的な原因です。

 

 

エストロゲンがニキビを防ぐメカニズム!

 

セラミド

エストロゲンは男性ホルモンとまったく逆の働きを持っています。

 

どういう事かと言うと、角層の細胞間脂質であるセラミド、天然保湿因子が構成するバリア機能を強化し、水分をたっぷり含んだ肌を維持してくれるのです。

 

この状態を維持すると角質細胞が硬化しないので、角質層は柔軟な状態を保ち、毛穴が簡単に塞がるような状態にはなりません。

 

毛穴が角栓で塞がらなければ、仮に皮脂が多量に分泌されたとしても、毛穴の中に溜まることがないので、ニキビが出来ないという事になります。

 

この事からもお分かりのように、女性ホルモンは、美肌を目指す女性にとってはなくてはならない存在だという事になります。

 

 

ホルモンの乱れが及ぼすニキビ発生の影響

 

男性ホルモン アンドロゲン

それでは、ホルモンバランスが崩れることでニキビが生じるメカニズムについて具体的にお伝えしていくことにしましょう。

 

ニキビへの関連が深いのは、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロン、そして男性ホルモンのアンドロゲンといった性ホルモンです。

 

これらのホルモンバランスの重要性を知ることがニキビ予防の第一歩といっても過言ではありません。

 

 

ホルモンバランスを整える重要性

 

簡単にいうと、男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあり、逆にエストロゲンには皮脂を抑える働き、そして肌本来のバリア機能を強化させる性質があります。

 

これらのホルモンが理想的なバランスを保っていれば、バリア機能が充分に働く上、皮脂分泌量もベストの状態を維持できますから、多少の刺激を受けても肌トラブルは発生しません。

 

トラブルは、基本的にホルモンバランスが崩れた時に起こるもの…と考えていただいて結構です。

 

 

エストロゲンが多ければ良い…ワケではない!?

 

ちまたではエストロゲンを美肌ホルモンと呼ぶことも多いのですが、単純に“エストロゲンが多ければ多いほど良い”というものでもありません。

 

エストロゲン過剰の状態になると、乳がん、子宮筋腫、子宮内膜症といった婦人病のリスクを高まりますし、皮脂の分泌を抑えすぎてしまい、かえって乾燥肌を招く可能性も否定できません。

 

一番いい方法は、特定のホルモンを増やすのではなく、本来のバランスを維持することが、美容と健康の条件なのです。

 

 

女性ホルモンの力でニキビがよくなる実例

 

理想的なホルモンバランス

年代によるホルモン量の変化に例外が生じるのは妊娠した場合です。

 

妊娠初期は女性ホルモンと男性ホルモンが増加し、一時的に肌トラブルが増えたり、自律神経が失調したりといった問題が出てきますが、それ以降はエストロゲンも大幅に増加するため、むしろ肌の状態は良好になることが多いのです。

 

いわゆる安定期に入る…というのはエストロゲンの増加が充分になった頃のことを指します。

 

ちなみにピルを飲み始めたらニキビが治った…という例がありますが、これはピルには女性ホルモンを安定させる作用があるため。簡単にいえば、妊娠中後期と同様に女性ホルモンが多い状態を作ることで、身体に妊娠中であると誤解させ、それ以上、妊娠するための準備をしないようにする薬がピルなのです。

 

この事実からも、ホルモンバランスとニキビの深い関係性が見て取れますね。

 

 

これまでのまとめ

 

原則としては、男性ホルモンが大人ニキビを発生、悪化させる方向に働き、女性ホルモン(エストロゲン)がニキビを予防、改善する方向に働くということになります。

 

実際、妊娠安定期に肌がキレイになることが多いのですが、これも女性ホルモンの量が大幅に増加することが理由です。

 

こういった事実を鑑みても、ホルモンバランスとニキビには密接な関連があることがよく分かりますね。

 

 

 

 

関連ページ

皮脂の過剰分泌のストレスケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
肌の乾燥のスキンケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
毛穴のスキンケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
ニキビ菌を作らない方法ってあるの?
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
ストレスのケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
睡眠不足のケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
両親の遺伝に対するケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。