睡眠不足をケアする方法ってあるの?

寝ている女性

 

これまでの研究で、睡眠不足がお肌に悪影響を及ぼすと言うことは科学的に証明されています。

 

睡眠不足が続き、肌トラブルが相次いでいる…という方には是非読んでいただきたいコーナーです。

 

睡眠とニキビの関係を分析し、肌荒れと無縁の美肌を手に入れる方法をお伝えしていきます。

 

生活習慣見直しによるニキビ予防のファーストステップは、睡眠リズムの改善から始めましょう!

 

 

睡眠不足とニキビの関連性を解析!

睡眠不足の女性

 

睡眠不足が肌に良くない…というのは、もはや常識になっています。

 

それも、単に肌荒れを起こすといったレベルではなく、慢性睡眠不足はニキビに直結してしまいます。

 

こちらでは睡眠不足とニキビの関連を詳しく解説してまいりますので、ニキビ肌に悩んでいる方は是非ともチェックしてみてください。

 

基本的にダメージを受けた肌は睡眠中にケアしていきますから、睡眠リズムが乱れればお肌の状態は悪くなると認識して下さい。

 

さらに、睡眠不足そのものが大きなストレスとなり、自律神経系の交感神経が優位になってしまいます。

 

ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量分泌されてしまい、肌バリア機能が破綻し皮脂分泌量が増加してニキビが発生しやすくなってしまうのです

 

 

男性ホルモン過剰分泌が引き起こす悲劇

 

それでは、なぜ皮脂の過剰分泌が起こるのかについて考えてみましょう。

 

原因は複数ありますが、ここでは男性ホルモンの過剰分泌によって引き起こされる皮脂過剰を取り上げることにします。

 

ストレスによって交感神経が優位になると、男性ホルモンの生成が活発になりますが、実は男性ホルモンには皮脂過剰を招き、さらに角質の柔軟性を失わせて角栓の詰まりを誘発する作用もあります。

 

ニキビは毛穴が角栓で詰まり、そこに皮脂が溜まってしまうことによって発生しますから、男性ホルモンはニキビ発生を引き起こす2つの原因、その両方を招いてしまいます。

 

これらの事から、ニキビ予防を考える上ではストレスによって交感神経が刺激され、男性ホルモンが増える…という一連の流れを断ち切ることが大きな要素と言えます。

 

 

じゃ、睡眠時間を多く取ればいいの?

理想と現実の睡眠時間

睡眠不足が肌に大きなダメージを与えるのは上に述べたとおりですが、実は長時間睡眠時間を取ればいいというものではありません。

 

なぜなら、肌の新陳代謝が活発に行われるのが、睡眠に入ってから3〜4時間というのが通説です。

 

ニキビ予防を主眼にするなら、寝る時間を増やすことより、入眠後に熟睡し、質の良い眠りを目指すほうが合理的といえます。

 

 

じゃ、眠りの質を良くするにはどうすればいいの?

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠には、脳が活動している浅い眠りであるレム睡眠、脳を含めて完全に熟睡しているノンレム睡眠の2つが存在しています。

 

このうち、肌のターンオーバーが行われやすいのはノンレム睡眠の時間です。

 

ですから、肌トラブル改善を考える上での“質の良い眠り”というのはノンレム睡眠をしっかり取ることを指しています。

 

睡眠に入ってから3?4時間、もっとも肌のケアが活発な時間帯にどれだけ深く眠れるかが大きなポイントになります。

 

それがニキビ予防の根幹であるといっても過言ではありません。

 

 

ニキビ改善!眠りの質を向上する2つの知識

 

 

それでは、実際に睡眠の質を向上するための方法について考えていくことにしましょう。

 

具体的にはターンオーバーがもっとも行われやすい“肌のゴールデンタイム”を理解すること、二つ目は新陳代謝を活性化するために深いノンレム睡眠を取ること。

 

この2つが非常に大切な要素になります。

 

ここからは、肌に良い眠りを実現するための具体的なアドバイスをお送りしていきます。

 

ニキビケアを目的としているなら、肌再生がもっとも活発になる“肌のゴールデンタイム”に眠ることが大切です。

 

 

最適な睡眠時間〜肌のゴールデンタイム

美肌の女性

これまで、成長ホルモンによる肌の新陳代謝がもっとも活発に行われる時間は、夜22時?深夜2時と考えられてきました。

 

この4時間、きちんと睡眠を取ることで肌のターンオーバーが促進されるという説が支配的だったのです。

 

でも、よくよく考えてみると現代に生きている私たちが果たしてこの時間帯に眠るのが可能かどうかを考えた場合、少し疑問が残りますね。

 

最近は女性も仕事を持つ人が非常に増えています。

 

ましてや家庭に入ってからも仕事をしている女性が果たしてこんな時間帯に就寝することが出来るのか、非常に疑問ですよね。

 

忙しい女性であれば、残業などもありますから、22時にはまだ会社のデスクに座っていることも珍しくないはず。

 

そのような理由で“肌のゴールデンタイムに睡眠を取ること”は実現不可能な理想論…といったイメージで見られてきたように思います。

 

 

入眠後3時間説が徐々に一般化!

 

最近になって“肌のゴールデンタイムは22時?2時である”という考え方に異論を唱える専門家が増えてきたみたいで・・・

 

今はむしろ、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3?4時間であり、特定の時間帯に限定されてはいないという説が有力になってきています。

 

これまで22時?2時と言われていたのは、昔の日本人は22時、23時頃に寝る生活スタイルをとっている人が多かったためです。

 

実際、入眠から3?4時間の間、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることが分かっており、重要なのは寝付いてから3?4時間にしっかり熟睡すること、つまり、質の良い睡眠をとることだと考えられるようになりました。

 

 

この章のまとめ

 

睡眠不足が続くと、肌の再生に必要なターンオーバーが起こりにくくなること、そして睡眠不足そのものがストレスとなってニキビの出来やすい状態に陥ってしまうことの両面から、肌トラブルが起こってしまいます。

 

ニキビ肌を改善するためには、“肌のゴールデンタイムに眠ること”と“ノンレム睡眠を得ること”を重視し、肌再生が行われやすい生活リズムを構築していくことが大切です。

 

 

関連ページ

皮脂の過剰分泌のストレスケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
肌の乾燥のスキンケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
ホルモンバランスの崩れのケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
毛穴のスキンケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
ニキビ菌を作らない方法ってあるの?
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
ストレスのケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。
両親の遺伝に対するケア
ここでは、ニキビが出来る原因別にニキビケアの方法についてご紹介しています。