黄色ニキビのケア方法は?

ニキビの進行状態

黄色ニキビとはどういった状態なのかをお伝えしていきます。

 

ニキビの進行状態から言うと、赤ニキビから更に進行した状態が黄ニキビということになります。

 

黄ニキビ

 

黄色い膿が溜まって浮き出ているので、鏡で見ても皮膚を通して黄色っぽく透けてみえるような状態になっています。

 

ニキビもここまで進行してしまうと、治ってからもしばらくは、陥没したニキビ跡が残ってしまうことも多いです。

 

また患部のまわりがシミになって残る場合もあります。

 

ですが、ニキビ跡やシミになってしまっても時間をかけてケアしていけば、元通りの肌に戻ります。

 

ただし、相当の時間がかかるという事は覚悟しておかねばなりません。

 

一番いいのは、ここまでニキビが進行する前に対処しておくことをオススメします。


黄ニキビをどのようにして治していく?

炎症を起こしたニキビが更に悪化し、毛穴に収まりきらなくなり周囲の細胞にまで漏れれでており、膿を持った状態が黄ニキビです。

ニキビの進行状況

炎症が表皮の奥にある真皮層にまで到達しているのでニキビ跡として残る可能性が高くなります。

 

この段階では、ニキビの元であるアクネ菌だけではなく、黄色ブドウ球菌など他の雑菌もニキビに入り込んで増殖しているので、炎症が一気に広がる場合もあります。

 

黄ニキビは患部の突起が大きいので、どうしても気になります。

 

 

また膿が溜まっているので、不衛生な感じがして触ったり潰したりする人もいますが潰してしまうとまずクレーターのように大きな傷跡として残るので、絶対に触らない、潰さないという事を守って欲しいと思います。、

 

黄ニキビを無理やり潰してしまうと、まわりの皮膚組織が大きく破損してしまって、修復まで時間がかかり、大きく目立つニキビ跡になってしまいます。

 

 

黄ニキビはかなり不安定でデリケートな皮膚の状態です。

 

潰すつもりがなくても、うっかり触って膿を出してしまうこともあります。

 

枕カバー

 

また寝相が悪い人などは枕カバーなどに触れて更に悪化することも考えられます。

 

枕カバーなどは出来るだけこまめに変えるようにして寝具も清潔を保って下さい。

 

この黄ニキビまでニキビが進行してしまうと自分でケアするのは難しくなります。

 

化膿した黄ニキビを沈静化させるには、膿を抑える外用薬や、抗生物質などの服用がよく効きます。

 

普段使っているニキビ治療薬では逆効果になることもあるので、やはり専門医に相談してみるのが安心です。

 

皮膚科クリニックでの治療は、まず患部の炎症を止めることが第一になります。

 

抗生物質

 

膿むほどに重症化している場合は、強力な内服抗生物質であるエリスロマイシン、テトラサイクリン、ミノサイクリンなどが用いられることが多くなるでしょう。

 

もし、それらの抗生物質で副作用があると言う場合は、根気よく市販の化粧品などを使って治していくという事になります。

 

 

黄ニキビまで症状が進行してしまうと、なかなかすぐに治すことは難しくなりますが、市販の化粧品の中から選ぶならビーグレンが一番適しています。

 

肌をこすらなくても汚れが落とせるクレイ洗顔料と、肌の回復を促進させる高濃度ビタミンCが配合されていますので、ニキビを潰さないように、やさしく患部をケアすることが出来ます。

 

まずはお試しセットなどで一週間ほど様子を見てみましょう!!

 

もし、ご自分の肌に合うということであれば継続してビーグレンを使っていきましょう。

 

黄ニキビは、もっとも症状が重い段階なので、一刻も早いケアをして、ニキビ跡になるのを防いでいきたいですね。

 

 

ビーグレンの詳細はこちら

 

 

 

関連ページ

角栓のケア方法
ニキビの症状別のニキビケアの方法をご紹介しています。
白ニキビのケア方法
ニキビの症状別のニキビケアの方法をご紹介しています。
黒ニキビのケア方法
黒ニキビのケア方法を紹介しています。
赤ニキビのケア方法
ニキビの症状別のニキビケアの方法をご紹介しています。
ニキビ跡のケア方法
ニキビの症状別のニキビケアの方法をご紹介しています。