ニキビ跡のケアってどうすればいい?

ここでは、ニキビ跡についてお伝えしていきます。

 

ニキビ跡とは、お肌に出来た炎症や傷、または色素沈着などによるシミが残った状態のことをいいます。

 

ニキビ跡を完全に治すには時間はかかりますが、正しいスキンケア方法と食生活や生活環境を改善することによって治すことは可能です。

 

細菌の医療の発達によって、治らないと言われていた重症のニキビ跡さえも治すことが可能になっている時代です。

 

しっかりと正しい知識を身につけて自分で出来ることは、自宅でしっかり行って大切なお肌を守っていきたいですね。

 

 

一般的にニキビ跡と言っても、三つのタイプに分類することが出来ます。

 

ニキビ跡赤みタイプ

ニキビ跡シミタイプ

ニキビ跡クレータータイプ

 

膨らんだニキビが落ち着いてきて平らになり赤みが残った状態です。(左図)

 

そして、シミのようなものが残った状態が色素沈着タイプのニキビ跡(中央図)

 

紫色っぽい跡と茶色の跡の2種類あります。

 

紫色の色素沈着が見られる場合は、ニキビが炎症を起こした際に毛穴周辺の毛細血管が破裂することによって血がにじみ出たのが原因です。

 

そして、最後が凹凸が残るタイプはクレーターと呼ばれるもので、いちばんやっかいなニキビ跡です。(右図)

 

このタイプのニキビ跡は、赤ニキビが悪化して強い炎症が進行することで皮膚組織まで破壊されることが原因です。

 

破壊された皮膚組織は回復することなく凸凹状となって肌に残ります。

 

強い炎症を起こしやすい体質の人や、皮膚の硬い人に多くみられる症状です。

 

いずれのニキビ跡も、セルフケアでも薄くすることができます。

 

方法はどのタイプでも基本的に同じ方法になります。

 

ビタミンC配合の化粧水と美容液を使ってスキンケアを続けることです。

 

ビタミンCには皮脂を抑える効果やニキビの炎症を抑える効果があります。

 

特に、お肌への浸透が高いビタミンC誘導体を配合した化粧水と美容液は最も効果的です。

 

ちなみに、服用するビタミンCは効果がないので気を付けてください。

 

手順としては、

 

洗顔をする
化粧水をつける
乳液をつける
美容液をつける
イオン導入をする

 

イオン導入は、美容皮膚科で行うか、家庭用のイオン導入器もあるので、自宅で行うこともできます。 毎日のスキンケアに加え、週に一回程度行うと効果的です。

 

この段階でのケアでのオススメ商品ですが、ベルブランをオススメします。

 

リプロスキンも同様の効果は認められますが、ベルブランは化粧品の中で唯一イオン導入出来る化粧水なので、一押しです。

 

ニキビ跡専用美容液ベルブラン

 

 

 

 

 

関連ページ

角栓のケア方法
ニキビの症状別のニキビケアの方法をご紹介しています。
白ニキビのケア方法
ニキビの症状別のニキビケアの方法をご紹介しています。
黒ニキビのケア方法
黒ニキビのケア方法を紹介しています。
赤ニキビのケア方法
ニキビの症状別のニキビケアの方法をご紹介しています。
黄色ニキビのケア方法
ニキビの症状別のニキビケアの方法をご紹介しています。