脂性肌のスキンケアの方法って?

脂性肌の女性は最もニキビに悩まされているのではないでしょうか?

 

脂性肌というのは、その名の通り、皮脂の分泌量が多い肌のことを言います。

 

テカッている女性

日ごろから皮脂が浮いたり、肌がべとついたり、肌がテカッたりする場合は脂性肌である可能性が高いと言えます。

 

では、皮脂は何故分泌されるのでしょうか?

 

それは肌の保護膜としての役割を果たすために、肌の表面に分泌されるのです。

 

その保護膜である皮脂が過剰に分泌されるという事は、お肌が過剰な保護を必要としていると云う事なのです。

 

では、何故そうなるかと言うと、角質層にある肌本来のバリア機能が弱まっている為に、その低下した機能を補う為に表面の保護膜が大量に分泌されるのです。

 

バリア機能が低下するのは乾燥が原因!!

 

肌のバリア機能を司っているのは、角質層で角質細胞の隙間を埋めているセラミドという物質です。

 

この成分は肌のバリア機能が正常に働いている間は、問題ないのですが乾燥するとセラミドが減少し、その結果皮脂が多量に分泌されるという悪循環になるのです。

 

ですから、脂性の女性ほど保湿をしっかり行なわないといけないのです。

 

また最近の研究で分かっているのは、皮脂の過剰分泌のもう一つの原因としてホルモンバランスの乱れが挙げられます。

 

生理前、生理中にニキビが出来るという方は、男性ホルモン過多になっており、それが元でニキビが出来るのです。

泡洗顔

 

脂性の方は、皮脂によるテカリ、不快感を気にするあまり、スクラブ入りの洗顔料などでゴシゴシと強く洗ってしまう方が多いようですが、これは返ってお肌に刺激を与える事になりよくありません。

 

ゴシゴシ洗うというのは、外部刺激の代表例ですから、皮膚は肌表面を守ろうとして更に皮脂を分泌しようとします。

 

皮膚表面を守る為に一定量の皮脂は保護膜として必要ですので、無理に落とそうとせず、泡やクレイなどで優しく洗うようにしてください。

 

その上で、皮脂が酸化して炎症を引き起こすのを防ぐ抗酸化成分のビタミンCやビタミンE、脂肪分を正常に代謝するのを助けるビタミンB群などを摂取するように心がけてください。

 

オススメの化粧品ランキングはこちら

 

 

 

 

 

 

関連ページ

乾燥肌のスキンケア
肌質は人により様々です。ここでは、肌質ごとにニキビケアの方法についてご紹介しています。
混合肌のスキンケア
肌質は人により様々です。ここでは、肌質ごとにニキビケアの方法についてご紹介しています。
敏感肌のスキンケア
肌質は人により様々です。ここでは、肌質ごとにニキビケアの方法についてご紹介しています。
アトピー肌のスキンケア
肌質は人により様々です。ここでは、肌質ごとにニキビケアの方法についてご紹介しています。