乾燥肌のスキンケアの方法って?

肌断面図

ここでは、乾燥肌のケア方法についてお伝えしていきます。

 

ニキビが出来る最大の原因は皮脂の過剰分泌だと思われている方がかなりいらっしゃいますが、実はそうではありません。

 

肌表面の乾燥が最もニキビが出来る原因なのです。

 

肌の水分をキープしているのは、表皮の角質層です。

 

この表皮の角質層の厚さは、わずか0.02mm程度ですが、この中に角質細胞と細胞間脂質がぎっちりと詰まっています。

 

その層は20層にも及びます。

 

この細胞間脂質にはNMF(天然保湿因子)やセラミドと言った人間がもともと持っている物質が含まれています。

 

健康な肌の状態であれば、角質層には15%から20%の水分をキープしていますが、乾燥肌になればその保持率が10%を割り込んでしまいます。

 

ラメラ構造

 

肌にはラメラ構造と呼ばれる層があります。

 

この層は、水分と油脂を重ね合わせもので、肌のバリア機能の役割を果たしています。

 

乾燥によって肌表面の水分が失われると、このラメラ構造が失われ、その結果としてバリア機能が低下するのです。

 

今ご説明した事からも分かるように、このバリア機能の低下によって、毛穴の収縮が失われ、角栓詰まりを起こすのです。

 

ですから、バリア機能を回復させる事が根本的な方法と言えます。

 

乾燥が原因で起こるニキビは、頬やフェイスラインと言ったUゾーン、そして口周りに出来ることが多いです。

 

何故なら、これらの部位は皮脂が少なく乾燥しやすい部位だからです。

 

次に乾燥肌のケアの方法について考えていきましょう!!

 

今までのご説明からも分かるように、乾燥肌の原因は主にはバリア機能の低下による肌表面の水分不足から起こります。

 

そして、もう一つの要因として女性ホルモンが乱れて男性ホルモンが増加する事によっても肌トラブルが起こります。

 

ですから、家庭で出来る対策としては、徹底した保湿とホルモンの調整が必要と言えます。

 

 

オススメの化粧品ランキングはこちら

 

 

 


関連ページ

脂性肌のスキンケア
肌質は人により様々です。ここでは、肌質ごとにニキビケアの方法についてご紹介しています。
混合肌のスキンケア
肌質は人により様々です。ここでは、肌質ごとにニキビケアの方法についてご紹介しています。
敏感肌のスキンケア
肌質は人により様々です。ここでは、肌質ごとにニキビケアの方法についてご紹介しています。
アトピー肌のスキンケア
肌質は人により様々です。ここでは、肌質ごとにニキビケアの方法についてご紹介しています。